打ち合わせ中

開業支援の利用

コールセンターで話す女子

経営者の味方

開業支援とは、個人事業を起こすのに必要なことを支援してくれる会社、または個人のことです。会社を起こそうとすると、法人としての登記や事務所探し、そして業種によって役所の届け出などが必要となるケースに至ります。何度も開業をしている経営者であれば、ある程度の準備や必要な時間を考えて行動できますが、はじめての起業で完璧に動くことは難しいと言えます。ですから、サポートを求めることが多いですし、色んな疑問や不安を解消してくれるサービスの需要があるのです。開業支援においては、近年それを専門としたサービスが定着しつつあります。何かとお金が必要な開業時ですが、この開業支援サービスは継続的な利用によって初期費用をかけずに利用できるところもあるので、注目です。

開業するものにより金額が異なる

開業には多数のお金が必要であり、その金額は開業する事業により異なります。開業資金の内訳として、テナントの保証金・内装工事、設備費用、備品、仕入れ代などに開業資金は当てられます。仕入れ代では小売店やカフェ・喫茶店などの商品を販売、飲食の場合のみかかります。それ以外であれば仕入れを抜いたものに開業資金は当てられます。目安としてカフェ・喫茶店の開業資金は最低でも100万円かかります。居酒屋で600万円、介護が400万円、税理士などが40万円と開業する事業により価格がここまで違います。税理士や社会保険労務士などが40万円で済むのは特に設備投資が必要でなく、自宅で開業する人も多いことで初期投資がかからないのが理由です。